• 〒830-0048 久留米市梅満町1039-9
  • お問い合わせ 0942-34-2100

話題の機器
とどろき医療器の新着情報

新着情報カテゴリ
  • 2016.08.07 話題の機器

    ハイクロソフト水生成装置

    株式会社OSGコーポレーションの衛生環境システム部の所長様と営業の方から、微酸性次亜塩素酸水

    (ハイクロソフト水生成装置)Well clean-TE(ウェルクリン・テ)の勉強会をして頂きました。

     

    大学の医学部でご使用の教科書(標準微生物学 改訂第10版)に弱酸性電解水の記述がございます。

     

    手洗いや器具洗浄、室内の浮遊菌対策としての噴霧そして掃除全般に使用でき、安全性が高く、コスト

    削減に効果が期待されます。

     

    当社も、先生方にお役に立つ装置として拡販を進めたいと考えています。

     

     

  • 2016.07.11 話題の機器

    VersaCamのデモ機

     

     

    ニデックのVersaCamのデモ機が来ました。3.5インチTFTカラー液晶パネル

    に画像を表示できますので嚥下検査用ファイバースコープをつないで提案したいと考えて

    います。

     

    LED光源装置を使いますとクリアーな画面となります。ただ、VersaCam本体と

    ファイバースコープの操作に工夫がいると思います。画像(動画と静止画)はマイクロSD

    に記録可能ですので、魅力的な機器だと思います。

     

  • 2016.06.20 話題の機器

    みみCamのデモ機

     

     

    みみcamのデモ機が来ました。24日の学会展示前に現物の操作ができて良かったと思っています。

    鼓膜の画像をマイクロSDカードに記録し、PCで管理したり、各種のプリンターで印刷できます。

    意外と簡易なプリンターでもきれい印刷できます。

    デモ依頼がたくさん来ていますので、明日から頑張りたいと思っています。

  • 2016.06.08 話題の機器

    デジタルオトスコープ「みみCam」

     

    ニデック社の新製品の「みみCam」です。鼓膜の状態を、簡便に低コストで、モニター上で観察し記録する

    オトスコープのご希望を多く頂きますので、当社も色々と探しておりました。

     

    同じニデック社のVersaCamの拡販を考えておりましたが、6月1日から外耳道や鼓膜の観察に特化

    しました「みみCam」が発売されましたので、この製品を先生方にお勧めしようと思っています。

     

    今月、鹿児島市で開催されます耳鼻咽喉科臨床学会で展示されますので、操作性や画像の確認に行きたいと

    思っています。

     

     

  • 2016.03.24 話題の機器

    新型耳鼻科用内視鏡洗浄消毒器

     

     

    先日の嚥下障害講演会に展示して頂きました、株式会社精研(コールセンター0120-288-820)

    の新型の鼻咽喉用内視鏡消毒器エスパル-Cの拡販を、永島医科器械様にご協力をお願いして、進めたい

    と思っています。

     

    エスパルーCは自動洗浄消毒時間が5分と短く、観察用と処置用の内視鏡が洗浄でき、簡単な内視鏡

    の漏水チェックも可能です。

     

  • 2016.02.12 話題の機器

    超小型CMOSカメラ

     

    新開発1/3型フルハイビジョン(1920×1080)CMOSカメラのご注文が続いています。

     

    超小型のカメラヘッドとPENTAXファイバースコープや鼓膜鏡との組合せで驚くほどの鮮明な

    画像が実現します。搭載されていますDVI出力で、業務用モニターにつなぎますと安定した高画

    質な映像が得られます。

     

    フットスイッチで映像をフリーズ状態に保持できますので、患者様へのご説明に便利にご使用頂け

    ます。

  • 2015.08.19 話題の機器

    止血パッド

     

    アルギン酸カルシウム(天然海藻から抽出)を繊維化して作られました、安全性が高い『止血パッド』を

    販売することになりました。

     

    カテ室で使用されている製品ですが、他の領域の先生方にもご使用頂けないかと考えています。

     

    今日、メーカーのマーケティング担当者のお話しを聞き大変勉強になりました。サンプルをご用意し拡販

    に努めたいと考えています。

     

  • 2015.07.30 話題の機器

    蒸気吸入器の修理に付きまして。

     

    京大式蒸気吸入器の修理ご対応期間が過ぎており、部品の供給もできませんが、ご案内が届いていない

    耳鼻科様があられるようでございます。

     

    当社も相当台数販売させて頂いておりますが、メーカーによる修理ができませんので困っております。

     

    ただ、今までの経験ではL字管の詰まりが多いようですのでこの部分の交換か、詰まりの除去をやられ

    る必要がございます。

     

    交換部品のお手持ちがございません場合は、L字管を医療用洗浄剤(当社は五十嵐医科工業のクリンカ

    をお勧めしておりますが)に漬け置きして頂くと回復するケースがございます。

     

    ヒーターの断線等の重篤な故障はご対応することができません。誠に申し訳ございません。

     

  • 2015.07.17 話題の機器

    大型蒸気吸入器

     

    点検のご依頼があり、大型の蒸気吸入器をお預かりしました。主に患者様が多い耳鼻咽喉科様で

    使用されています。大変評判が良い医療機器ですが、残念ながら現在は製造されていません。

     

    ステンレスの本体が熱を持ちますので、患者様が触れられますと事故が起こる可能性があるとの事

    で10数年前の薬事法(現在の医薬品医療機器法)の改正で製造が認められなくなりました。

     

    高度管理医療機器等の講習会で医療機器や医療システムの『安全』がクローズアップされ、業者も

    叩き込まれていますが、製造中止となり残念だと感じる機器もございます。この吸入器もその内の

    ひとつです。

     

     

     

     

  • 2015.06.25 話題の機器

    スパイロと鼻腔通気度測定機器デモ

     

    福岡の耳鼻科様でオプションで鼻腔通気度の測定ができるスパイロメーターのデモをさせて頂きました。

     

    測定値から肺年齢を逆算します。スパイロは改訂されましたCOPDのガイドラインにも対応しています。

    鼻腔通気度は鼻閉の程度の判断に有効です。

     

    メーカーのインストラクターのご説明もスムーズで、ご導入を前向きに検討して頂けることになりました。

     

新着情報カテゴリ